MENUCLOSE

その人に合った介護と声掛けを 介護職員 2009年入職その人に合った介護と声掛けを 介護職員 2009入職

「その人に合った介護と声掛けを」

この仕事を選んだきっかけ

自分のやりたいことが明確に決まっていなかった時、「私の性格を活かせる仕事は何だろう?」と考え、介護が向いているのではないかと思い、大学を卒業してすぐに樹の里に就職しました。

入った当初は大変で、仕事も間に合わなかったりしたのですが、介護の世界に足を踏み入れる前に色々な方から聞いていた「排泄ケアは大変だ」「介護は人手不足ですぐにやめてしまう」「ナースとの連携が取れない」という部分はあまり感じなくて、サポートもしっかりしていて働きやすい場所だなと思いました。

今の仕事について

最初の頃は入居者様のケアに慣れていなくて、やり方が悪かった時に入居者様から「へたくそ」と言われたりしたこともあったのですが、今は何とかこなせるようになりました。

介護は仕事をしながら経験を積んでいくところもあるので、日々やりがいを感じています。これからも入居者様一人ひとりの特性に合わせた声掛けや対応をして、安心安全で穏やかな暮らしを提供していきます。

良かったところ

私の所属していたユニットリーダーは、次期フロアリーダーに就けるほど尊敬できる人だったので、その方の下について仕事できたのは恵まれていたなと思います。介護の考え方や人間関係の築き方など、まさしく背中を見て育ったような気持ちでいます。リーダとしての人となりを学ぶことができましたね。

他には、年に一度の表彰式で「グッドコーチ」賞を頂けた時、その1年だけでなく、これまでのリーダーとしての働きを、周りの方に認めてもらえたようでとても嬉しく感じました。

スタッフインタビュー

色々なユニットを経験して、色々なリーダーの下で仕事したことで、他のリーダーの介護感や良いところを吸収して、私自身もリーダになることができました。

私は2年周期くらいで異動をしているので、他の人より多くの経験を積んでいるかなと思います。

また、施設内研修があったり、外部研修に参加することで、より成長できたと思います。場所によってできることできないことがあるので、その時その時での経験が役に立っています。

私の一日の仕事

最初は私の所属していた場所のリーダーになったので、その時は自分のよく知っている仲間が多くいたため、指示しやすく居心地も良かったのですが、違うところでリーダーになった時にはよく知らない職員が多く、いろいろ戸惑うこともありました。

毎日の業務に同じものはなく、すべてが自分の経験になる為、今までの経験を活かして頑張っています。

休みの日は家でゆっくり過ごして体を休めています。

仕事の日は、ラシュレ樹の里でユニットリーダーとして仕事を頑張っています。入居者様と一緒にレクリエーションをしたりと毎日楽しく働いていますよ。

キャリアストーリー

入職当時

大学卒業後、樹の里へ就職し、特別養護老人ホームのユニットに配属されました。その当時は一番大変なユニットだと言われていて、実際に仕事が間に合わないことも多くありました。

ただ、周りのサポートなどもあり、働きやすい職場環境だったので、最初は不安でしたが、仕事をしながら経験を重ねていくうちにやりがいを感じるようになりました。

3年目

隣り合わせのユニットへ異動となりました。そこにも尊敬できるリーダーがいて、私自身とても勉強になることが多く、恵まれていたなと思います。

ユニットが変わるだけで業務の流れやユニットの雰囲気、できることできないことが違ってくることを知って、介護の面白さを感じました。

5年目

今度は別のユニットへ異動となり、さらに2人のリーダーの下で働きました。

異動することで、他のリーダーの考えを知ることができるので、私一人の経験だけでなく、リーダーの背中を見て育っているような気持ちになりましたね。

色々なリーダーの良いところを吸収して、私もこの年からリーダーを任されるようになりました。

6年目

色々なユニット経験を経て、現在は地域密着型小規模特別養護老人ホーム「ラシュレ樹の里」のユニットリーダーを務めています。

今までの経験の中には、常に頼りになるリーダーがいました。私もより一層、頼られるリーダーとなれるように日々精進していきます。

今後の目標

介護という仕事は、入居者様一人ひとりと真剣に向き合い、生活を支え、最期まで携わるので、自分を人として大きく成長させてくれるものだと思います。

また、私自身のスキルアップのためにも、ケアマネジャーの資格を取って、より幅広い視野を持った介護職員として活躍していきたいです。