MENUCLOSE

「やってみよう!」を支えてくれます 介護職員ユニットリーダー 2015年入職「やってみよう!」を支えてくれます 介護職員ユニットリーダー 2015年入職

「やってみよう!」を支えてくれます

この仕事を選んだきっかけ

以前は障がい者施設に勤めていましたが、高齢者施設の経験を積みたいと思い、現在の仕事に就きました。

前職の経験も活かせる職場ではありますが、それでも最初は不安でした。今も上手くやれない部分などもありますが、他の職員と気楽に話すことができて、協力し合えるのは良いですね。

良かったところ

入居者様の状態を把握して、より適切なケアをできるように職員全員で協力して仕事をしていける雰囲気は良いと思いますよ。

自分の仕事が遅れていて苦戦していた事があったのですが、同僚の職員が協力してくれたので、遅れていた分も取り戻すことができました。相談できる職員がいるのはとても心強く助かりますね。

今の仕事について

前職の経験も活かしてユニットリーダーに指名していただいたのですが、それでも人の上に立つのは不安で、遠慮していた部分もありました。先輩方もバックアップしてくれて、いろんなところで支えてくれたので、やってみようと思えました。

また、最初は仕事量も増えて、上司とのやり取りも必要となり大変でしたが、ユニットの他の職員から話を聞いたり、上司の意見を聞くことで、色々と勉強になることが多いです。未だに上手くやれない部分もありますが、経験を積んでいけたらと思います。

スタッフインタビュー

元々、社会福祉士の受験資格を持っていたのですが、仕事をしながら取得するのは難しく、間が空いてしまっていました。

「新しいことをやる!」という新たな気持ちになれたのと、仕事面でも残業が少ないので勉強時間が取れた為、仕事の幅を広げるうえでプラスになるのではないかと思い、資格を取得しました。

資格の他にも、日頃から知識を吸収して、仕事に活かせるようにしていきたいですね。

私の一日の仕事

入居者様の食事介助や排泄介助、入浴介助などの介助業務から食事の準備、掃除、シーツ交換や報告書、勤務表の作成などもします。

以前よりも責任を持って仕事をするようになりました。先を見通して、意識して動くようにしています。大変なこともありますが、入居者様の一日一日の暮らしを大切にしたいと思っています。

休みの日は家族と外出したり、ジョギングをしますね。テレビや本を見てゆっくり過ごすこともあります。

キャリアストーリー

入職当時

転職して樹の里に来たので、職場に慣れるまでは不安でした。同じ介護職ですが、前職とは違う点も多く、上司や先輩職員の指導を受けながら、少しでも早く仕事を覚えられるように努めました。

1年目

介護支援専門員の資格を取得しました。残業があまりないため、勉強をする時間を確保でき、資格を取得できました。取得したことで気持ちの面でも前向きになれました。

2年目

ユニットリーダーを任されることになりました。分からないことが多かったので、リーダーの行う仕事を教えてもらいながら、今まで以上に責任を持って仕事をするようになりました。

6年目

知識向上と仕事の幅を広げるために社会福祉士の資格を取得しました。キャリアアップのためという部分もありますが、「やってみよう!」と思う気持ちができたため、資格取得に繋げられました

今後の目標

資格取得の勉強をして挑戦していけたらと思います。

また、日ごろから知識を吸収して仕事に活かせるようにしたいですね。樹の里は、仕事をしていくうちに多くのことを学び、多くのことを発見する職場だと思います。仕事を通して得たものは、自分の力になっていくと思います。